インプラントについて

静岡 インプラント > その他 > インプラントはいつ頃日本に入ってきたの?

インプラントはいつ頃日本に入ってきたの?

インプラント治療が日本でおこなわれるようになったのは、1980年代に入ってからといわれています。当時はまだ技術が発展途上の段階で、チタン以外の素材が使われていたり、手術で失敗したりすることも少なくなかったようです。当時の手術失敗例をマスコミがセンセーショナルに取り上げたこともあり、現在でもインプラント治療に懐疑的な人がいます。このときのマイナスイメージが、日本でインプラントの普及が海外に比べて遅れてしまった一因といわれています。


▲静岡のインプラント 麻生歯科クリニックのページ先頭へ